20代夫婦が貯金額ゼロから1年で50万貯められたたった一つのポイント

家計
スポンサーリンク

突然ですが貯金してますか??

年収はみんな違うのでそれぞれ適性の貯金額はあると思いますが、年収が1000万円でも貯金ゼロの人もいますしひと月の手取りが10万円代でも年に100万円貯めている強者もいます

 

2017年の貯金額公開!

恥ずかしながら2017年の我が家の貯金額は

0円でした

(私のへそくりはありましたが…笑)

出産や引っ越しで大きな出費が重なったこともありましたがそれでも0円というインパクトはかなり大きいです

 

2018年はいったいいくら貯金できたのか

それから一年、2018年の貯金額は

約50万円!

この金額を見て少ないと思う人もたくさんいると思いますが0円から50万円はかなり大きな進歩だったと思います

更にこれとは別に児童手当は息子の通帳に貯金してあります

今は年100万円を目標に頑張っていますが第二子の妊娠出産もあり未だに達成ならずなのでまた1年頑張って貯金していきたいと思います

 

そもそも我が家になぜ貯金がなかったのかお話したいと思います

1、結婚式をした

結婚式は行わなくてもいいかなと思っていたのですがお互いの両親が結婚式は絶対にしたほうがいいというので行うことに。

結婚式代金は私と旦那ほぼ折半だったのですが結婚当初私の貯金は雀の涙程度しかなくほぼ両親の援助で行いました

このお金はお祝いとして出していただいたので返金は無しでした

旦那もおそらく貯金はあまりなかったので両親に借りていたそうです

旦那が両親から借りていたお金を毎月少しずつ返していたのでマイナス状態から結婚生活はスタートしました

2 息子にお金をかけすぎていた

私たち夫婦は20代前半、その上私は専業主婦ですので決してお金がある方ではありません

ですがもともと洋服が大好きな私は息子の服を毎週のように買っていました

いったいいくら分買ったのか…

一度も着なかった服もちらほらとあります

 

3 家のお金の流れを把握していなかった

私は旦那の給料がいくらなのか、毎月何にいくら払っているのか知りませんでした

旦那もよく飲み会に行っていたのでおそらく月五万以上は好きなように使っていたと思います

旦那は出張がとても多い仕事なのでその関係でキャッシュカードは常に旦那が持っていて私は必要なお金を旦那から受け取って生活していました

 

いよいよこのままではまずいと思い始める

そんなずさんな家計管理でも特に困ったことはなくある程度欲しいものも変えていたので気に留めていませんでした

が、私にはある夢が。

それは息子が小学校に入る前にマイホームを購入することです

今の世の中本当にマイホームが必要なのか、むしろ購入しないほうが言いという話も聞きますが

やっぱり私は自分の理想を詰め込んだ一軒家が欲しいと思っていまし

ハウスメーカーに行ってお話も聞いてきました

頭金なしでも家は建てられるようですがそれはあまりにもリスクが大きいので貯金を頑張ることに決めました

私が行ったのはたったのこれだけ

月にいくら貯金すればいいか考えます

50万円貯金しようと思ったら単純に考えると4万ちょっと

ですがちょっと厳しいなと思う月はとりあえず3万円貯金していました

そしてそのお金はお給料が入るのとは別の口座に移します

あとは何があっても絶対にそのお金には手を付けない

ただこれだけです

私たちは無駄な出費がかなり多かったのでこの方法もあまり苦痛に感じずに貯金できました

この方法はあまり無駄遣いもしていないけど貯金ができない場合は厳しいかもしれませんが私たち夫婦には合っていました

お金を増やすことは簡単ではないが支出を削ることは案外簡単

どんなに私が願っても旦那の手取りが5万アップすることはないですが私が頑張れば5万支出を削ることはできます

コンビニ弁当ではなく手作りのお弁当にする、格安スマホにする、それだけで一万円は変わってきます

このまま順調にいけば自分で決めた期限までに旦那のお給料からだけの貯金でも300万円はたまっているはず

でも本当の目標はその期限までに何とか500万円貯めることなんですが…

これからいろいろなお金を見直してより多く貯金を頑張りたいと思います!

 

愛用品はこちらから✨

ブログ村やってます😊
ポチッとよろしくお願いします♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

コメント